ここ1、2年で大きく成長を見せている、シェアサロン市場。今回は、サロンと美容師をつなぐ新たなシェアリングサービス「air chair」を開発、運営している株式会社air chair 代表取締役の安部 虎長さんにお話しを伺いました。

__「air chair」の事業アイデアは、どのようにして生まれたのですか?
2016年に訪れたシリコンバレーで、当時日本ではまだ浸透していなかったairbnbやUber Eatsなどのシェアリングサービスを知って衝撃を受けました。実際に利用してみると、便利なことはもちろんですが、私が宿泊したairbnbのオーナーが偶然Facebookのエンジニアの方だったりして、シェアリングサービスを通した素敵な出会いを体感したんです。そこから、何か人と人との出会いが生まれるシェアリングサービスを作りたいと思ったのが開発のきっかけです。
日本に戻ってから試行錯誤していく中で、世界で活躍する美容業界の友人と、今美容業界が抱える課題を解決したいという思いで生まれたのが「air chair」です。

__「air chair」は美容業界のどんな課題を解決しているのでしょうか
美容業界には少子高齢化の影響により、美容師の数が減っているので、サロンの稼働率が低くなってきているという問題があります。
加えて、美容師の資格は持っているけれど、結婚・出産やシャンプーによる手荒れなど、さまざまな理由から美容師を離れてしまう“ポテンシャルワーカー”はかなりの数がいることが分かりました。そんなポテンシャルワーカーたちにとって、「air chair」が復職のきっかけとして、辞めるでも独立でもない新しい働き方を提案できたらいいなと思っています。

__「air chair」のサービス内容について詳しく教えてください
お客様や身近な誰かをヘアカットしたい美容師と、カットスペースを有効利用したい美容サロンとのマッチングを実現したサービスです。一般的な面貸しサービス違うのは、1時間単位で美容室の1席をレンタルできて、面倒なやり取りは全てアプリ内で完結できるという点。登録料・月額費用は無料、サロン用品や備品も自由に使えて、30分300円~という低価格も魅力です。美容師はシザーケース1つでサロンに行くだけという手軽さがポイントです。

こちらがアプリ。サロンもわかりやすく検索できる。

2019年1月からのサービス開始で現在半年ほどですが、契約店舗は30サロン、登録美容師さんは300人ほど。今は僕が住んでいる福岡のサロンが9割なので、これからは東京にも広げていきたいと思っています。

__どんな美容師さんが利用していますか?
美容師さんが休みの日に別のサロンで利用する方もいれば、美容師は辞めてしまったけれど会社員の副業としてサロンワークを始めた方もいらっしゃいますし、ブランクがあるからまずは美容師として戻れるかお試しでやってみたいという方もいます。
たとえば、お子さんを育てながら友達やお子さんの髪を自宅で趣味として切っていた人にもぜひ利用していただきたいですね。

利用方法は、「air chair」のアプリをダウンロードし、利用規約に同意して登録ログインすれば、簡単にサロン一覧から借りたいサロンを選べるので、空いている時間を確認し予約すればOK。アプリ上でクレジット決済してしまうので、当日サロンとの支払はありません(カラー材などを利用した場合は別途サロンで購入も可能)。もちろん、お客さんからの施術料は自分で決めて構いません。
みなさん美容師は辞めてしまっても「切ってほしい」というお客様は抱えていらっしゃる方が多いので、切ってほしい人がいるときだけ美容師をするということで、時間を有効活用することができます。

__サロンにとってのメリットとは?
一番は予約が入ってない時間に空いている席を貸すだけなので、新たな設備投資もなく、稼働率が上がり収益化につながること。特に個人経営の小さなサロンさんでは、お客さんがいないと外から見ても閑散としてサロンに入りにくくなってしまうので、“サロンに賑わいが生まれる”という点もメリットになるとおっしゃっていただいています。さらに、何度か「air chair」を利用したサロンと美容師さんの出会いから、今後は正社員などの正規採用につながることもあると思います。

air chairユーザーである、福岡のサロン「GLIM hair」のオーナーご夫婦。

__今後の目標などありましたら教えてください
一番は東京など首都圏でのエリア拡大が目標です。実際にこの1~2年で、美容師さんたちが利用する「シェアサロン」が広がりつつあります。シェアサロンや美容室で「air chair」を使えるようになれば、さらに美容師さんが使いやすくなるのではないかなと思っています。

先述した美容師のポテンシャルワーカーさんたちにも、ぜひスキルを活かして新たな働き方や出会いの場になれたらいいなと思っています。
新たな人を雇う資金はないけれどサロンに賑わいを作りたい、または新たな出会いを求めるサロンさん、まずはお気軽に登録してみてください!

この記事の登場人物
NEW POST