あの“イライラ”を解消してくれるサービス

駐車場が見つからない…
やっとの苦労で見つけたのに、「No Vacancy(満車)」だった…

LUXE(ラクス)はアメリカで「クルマを停めるのが面倒臭い」問題をバレットパーキングで解決する、LUXE(フランス語で「贅沢」)なシェアリングエコノミー。

バレットパーキングとは、運転してきたクルマのキーをバレット、すなわち使用人に預けると自分の代わりに駐車場まで運んでくれ、外出時にはまたクルマを運んできてくれるサービスです。

この「バレットパーキング」という考え方自体は、何も新しくはありません。これまでホテルやレストランのような絶対的な信頼感がある場所でのみ取り入れられていたバレットパーキングを、インターネットの力で「市内中どこでもバレットパーキング」を可能にしたのが、LUXEなのです。

アプリUIと保証制度で安心して使えるバレットパーキング

LUXEアプリの使い方はシンプルで安全。マップ上でクルマを引き渡すポイントを指定、アプリで顔表示されているバレットと待ち合わせてクルマのキーを渡します。出会う前に相手の顔が見えるのは安心です。
用事が済んで乗車するときは、同じように指定したポイントまでバレットがクルマを運んできてくれます。返却ポイントは、降りたポイントと別の場所でもOKです。預けてるあいだに、洗車・給油・オイルチェンジをお願いすることも。

利用料金は1時間5ドル。最大15ドル支払えば、その日の営業時間まで預けておくことが可能です。また、預けたクルマには最大500万ドルまで保証を受けることができるといった制度も設けられています。

アメリカ、車社会に不可欠な存在へ

ZirxCaarbonCurb StandDropCar…。
このバレットパーキングを提供しているサービスは、実はLUXEだけではありません。複数の会社がそれぞれの戦略を生かして、「駐車場問題を解決する」市場は加熱しつつあります。

つまり、それだけ「駐車場問題」が深刻であるということの表れ。
シェアリングエコノミーから生まれた「オンデマンドのバレットパーキング」は、もはやアメリカの車社会にとって必要不可欠な存在となったのです。

2017年のゴールデンウィークは2日休めれば9連休です。
アメリカ旅行を計画している人は、LUXEでストレスフリーな駐車を体験してみましょう。

この記事の登場人物
NEW POST