2017年ゴールデンウィーク

間もなくゴールデンウィーク。暦のうえでは、4月29日(土)から4月30日(日)の2連休と、5月3日(水)~5月7日(日)の5連休とに分かれていますが、5月1日と5月2日の平日に休暇を取得すれば、最大で9連休となります。しかも気になる天気もおおむね晴天との予想がでています。気候が良ければ、当然、どこかに出かけたくなりますよね。近年では、人々の働き方やライフスタイルの多様化に伴い、ゴールデンウィークの過ごし方も多様化。思いっきり旅行をエンジョイする人もいれば、各地で開催されるイベントに参加したり、都市部で街ぶらを楽しむ人もいます。

近年では、人々の働き方やライフスタイルの多様化に伴い、ゴールデンウィークの過ごし方も多様化。思いっきり旅行をエンジョイする人もいれば、各地で開催されるイベントに参加したり、都市部で街ぶらを楽しむ人もいます。

GW02

インターネットリサーチ事業を展開するマクロミルの調査によれば、83%人が今年のゴールデンウィークに外出を予定。逆に外出しないと回答した人は、各地で発生する渋滞や混雑をその理由としてあげていました。

ほかにも、出先で駐車場を見つけるのが困難だという人やペットがいるなど、気軽に出かけることができない理由がいくつかあるようです。

それらの課題を解決することで、ゴールデンウィークを存分に楽しむことができる。そんな便利なシェアリングエコノミーサービスをいくつかご紹介しましょう。

[1] ecbo cloak(エクボクローク)

ecbocloak

[引用]: https://cloak.ecbo.io/ja

渋谷や浅草で街ぶらを楽しみたいけれども、荷物が多くて大変!なんて困っている人はいませんか。最近は、日本にやってくる外国人観光客も増えていますから、大きな荷物を預けるコインロッカーはすぐに埋まってしまいます。宿泊するホテルのチェックイン時間までの間、手荷物を預ける場所が見つからずに、スーツケースをごろごろ転がす…。階段の上り下りだけでも汗だくになってしまいます。
そんな時に活用したいのが、「ecbo cloak(エクボクローク)」というシェアリングサービスです。荷物を預けたい人と荷物を預けるスペースを持つお店をつなぐマッチングサービスで、街中で営業するカフェや飲食店、カラオケルームなどが大きな荷物を預けることができるコインロッカーに早変わりするというものです。使い方も至ってシンプルで、ecbo cloakのHPでエリアを検索して予約。お店に行って預けるだけというもの。荷物を受け取るときにオンライン上でカード決済されます。大きな荷物から開放されて自由に街ぶらを楽しむことができますね。

[2] DogHuggy(ドッグハギー)

doghuggy

[引用]: https://doghuggy.com/

飼い主にとってワンちゃんは家族そのもの。ゴールデンウィークのレジャーにも連れて行きたいんですが、混雑したスポットに連れて行くのは何かと大変。航空機や電車の長期移動は逆にストレスになってしまいそうです…。残念ながらお留守番をさせなくてはならない場面もありますが、この時期、ペットホテルやペットシッターの需要も高いですし、仮に予約が取れたとしても、狭いゲージに預けられたり、充分に遊ぶ時間をとってもらえなかったり…心配事は尽きません。
そんな時に活用したいのが「DogHuggy(ドッグハギー)」というシェアリングサービスです。ワンちゃんを飼った経験がある家庭がホストになって愛犬をホームステイさせてくれるというもの。そもそもワンちゃんが大好きで、飼育に対する知識も経験も豊富な方が預かってくれるのは飼い主としても安心。きっと預けられるワンちゃん自身も楽しくリラックスした生活を送れるのではないかと思えますね。

[3] notteco(のってこ!)

notteco

[引用]: https://notteco.jp/

ゴールデンウィークから夏休みにかけて、全国各地でライブ・フェスや各種イベントが開催されます。そんな楽しい催しに限って少々交通の便が悪い場所で開催されるもの。最寄りの駅から臨時のバスを利用したり自家用車で向かうしかないといった会場も多く、山の中の一本道で大渋滞に巻き込まれたり、高額な交通費に悩まされることもあります。
そんな時に活用したいのが、「notteco(のってこ!)」というライドシェアサービスです。出発地と目的地が同じ人同士が相乗りして移動するシェアリングサービスですが、高速道路の料金やガソリン代などのコストシェアリングができるので、費用をグッと抑えることができますし、同じ趣味を持っていたり、同じアーティストのファン同士で同乗するので、行き帰りの車中でも話が盛り上がるはず。たくさんの人がnottecoを活用すれば車の台数も減って、交通渋滞解消にもつながっていくはずです。

[4] 軒先パーキング

nokisaki_p

[引用]: https://parking.nokisaki.com/

人気の観光地の周辺では慢性的な駐車場不足が深刻化。一斉にたくさんの人々がレジャーを楽しもうとするゴールデンウィークであればなおさら、驚くほど長い行列に巻き込まれてしまいます。しかも周囲の道路も駐車場待ちの行列の影響で渋滞が発生。ほとんどの時間を車中で過ごすハメになってしまいます。
そんな時に活用したいのが「軒先パーキング」というシェアリングサービス。観光地周辺で空いている月極駐車場や住宅の駐車場などを一時的に時間貸しの駐車場として開放するものです。最大のメリットは事前に予約ができるという点。現地で駐車場を確保できるか?という不安もなく、安心して向かうことができるのは嬉しいですね。

[5] TABICA(たびか)

TABICA 地域の暮らしを旅する

[引用]: https://tabica.jp/

TABICA」は、その地域ならではのユニークな日帰り観光体験を検索・予約できるサービス。農業体験や陶芸、郷土料理のワークショップまで、幅広いラインナップが用意されています。都内からアクセスの良いエリアで開催されているため、移動時間も圧縮できるのも特徴。帰省先がない、あるいは帰省先が遠くてなかなか帰ることができない人にとっての“第二の故郷”のような感覚で、のんびりと田舎体験ができるのが嬉しいですね。

ゴールデンウィークにぴったりの体験型イベントの一例をご紹介しましょう。

tabica3

[引用]: https://tabica.jp/

横浜で開催されるのは、まるでトトロの森のような里山の風景にいやされながら楽しむ竹の子堀り!自分が掘った採りたての竹の子は、お刺身とオリジナルピザで味わうことができます。横浜青葉ICから車でわずか10分というアクセスの良さも魅力です。

tabica2

[引用]: https://tabica.jp/

千葉県柏市で開催されるのは、5月限定の田植え体験とトラクター試乗。この季節でしか体験できない田植えを終えたら、地元米を使って炊き上げたご飯をおにぎりにして味わうことができます。農園の周辺に広がる土手で、子どもたちも元気いっぱい遊ぶことができるはず。

みなさん、いかがでしたか?
注目のシェアリングサービスを活用して、楽しく充実したゴールデンウィークをお過ごしください。

NEW POST