場所にとらわれることなく、自分の好きなことで生きていく。言葉に聞くことは多いことですが、実際に実行できるという人は殆どいないものです。今回、ご紹介する井元さんは現在イギリス在住で、好きなことで生きていくことに成功している人の一人です。

井元さんが選んだのは、オンラインで自分の得意なことを売り買いすることができるシェアエアリングエコノミー「ココナラ」を使った生活。通算350枚以上を販売しているプロのココナラホストの生き様について詳しく聞いてみました。

___ まずは、井元さんについて簡単に教えてください。

大学に通っている時は、東京に住んでいて、その時にココナラを始めました。最初は副業感覚で始めて、お小遣い稼ぎで地道に続けていました。大学院を卒業する直前に、急遽入院をしなくてはならなくなりました。元々から身体が弱かったのに、働いたり、大学院の研究をやって、ココナラをやってと無茶をし過ぎてしまったのが原因でした。
これをキッカケに生活を改めて、東京ではゆっくりできないから地方移住をしようと考え、縁あって福井県鯖江市で暮らし始めることになりました。

鯖江に移住したのはちょうど2年前の4月でした。その時、自分がやっていることのほとんどは東京のような都会である必要はないと分かりました。好きな時に、好きな場所で好きなことを仕事にして、好きな人と一緒に過ごしていく。これは、その時編み出した考えたライフスタイルで好きが4つで「好き4(すきよん)」と呼んでいます。

この4には、毎日4時間だけという意味も込めています。やっぱり体が弱くて、パソコンの作業が多いので、やり過ぎると体を壊してしまうんです。なので効率化をできるだけ極めて、できるだけ仕事を時短させる、限られた4時間で最高のパフォーマンスを発揮するようにしています。
やがて、福井県鯖江市でそれができるなら、海外でもそれができるかもしれないと思い立ちました。鯖江市ではフリーランス養成合宿を担当していて、「好き4」のライフスタイルが需要があることが分かっていたので、これを英語でもやってみたいと思って、語学が学べる海外への移住を真剣に考えるようになりました。私が今住んでいるのはイギリスです。

___ ココナラで提供しているサービスについて教えてください。

一番最初に売り始めたのが「情報収集術」で、情報収集のやり方をサービスとして提供しました。情報の質が人生の質になるという感覚を昔から持っていて、にも関わらず情報収集ってどこでも習えない。教えているところもすぐには見つけられません。昔から私はネットで調べ物をするのが得意で、その得意をまさに販売するのにうってつけだったのがココナラでした。

___ 情報収集術とは一体なんでしょうか?

情報収集のやり方といえば、例えばネットでググる(Googleで検索する)みたいなのはイメージしますよね。私たちの世代なら特に、分からないことがあったらまずググるっていうのが当たり前になっている思います。しかし、今は発信する側の情報も多く、ググった先に必ずしも欲しい情報があるとは限りません。こうしたググり方一つを取っても、情報収集の上手い人と、あんまりできない人で全然違う検索結果に辿り着きます。検索のやり方や、他の便利なWEBサービスの紹介、これらをどう使いこなすかというサービスです。
現在は、情報収集だけでなくEvernoteの基礎的な使い方、効率化するための裏技を伝授したりもしています。情報をたくさん集めてきても、それらを自分が必要になった時に持ってこれるような整理をできている人はほとんどいません。Evernoteならそれができるやり方があります。その他は、ビジネスや生活にどうやってこれらの技術を生かしていくことができるのかというところまで落とし込んで提供しています。

___ ココナラを始めたキッカケは何だったんですか?

新しいサービス好きだったので、ココナラが出た当初から手を出していました。それから、自分自身ココナラと全く同じサービスを思いついたことがありました。大学に通っていた頃、WEBサービスを考えるテーマの講義があったのですが、その際に発案したアイデアがココナラと全く同じ内容でした。それから一年経って、ココナラが世に登場しました。自分が発案して、自分が欲しかったサービスが本当に出てきたのですぐに使い始めました。

___ サービスを提供するだけは、「これだけは必ず」と意識されていることはありますか?

「もらった金額の10倍の価値を提供する」は、松下幸之助さんの言葉ですが、これだけは守って毎回サービスを提供してきました。私が提供している「情報収集術」はモノではないので、原料から金額を算出することはできません。ここでいう10倍という数字は、このスキルから今後得られる利益や価値を値付けしているものです。
つまり、ココナラを知っていると知っていないでは、何百万円単位での損得があると私は考えています。情報を知る知らないというのは、そういうことなんです。

___ ココナラをこれから始めようと思っている方にメッセージをください。

シェアリングエコノミーのサービスの特徴は、ハードルが低いところから始められる点です。始めることにコストもリスクもありません。一人一人がクリエイターになるといわれている時代で、自分の好きなものを売ることができるのがシェアリングエコノミーです。
とはいえ、始めたからと言って簡単に売れるわけではありません。正直言って、全然売れません。売れない人の中で95%の人が売れないまま諦めてしまいます。
始めたら、次に売れる努力をしなくてはいけません。私も最初は全然売れませんでしたが、キャッチコピーの本を片手に、ひたすらタイトルと説明文を変え続けました。これから始める方には、最初に売れるまでが大変ということを理解した上で始めて欲しいです。それが分からないまま始めてしまうと、結局売れないまま諦めてしまいます。自分のサービスを持って生きていくことは素晴らしいことです。ココナラは自分のサービスを持つチャンスなので、ぜひ多くの人に始めて欲しいです。

この記事の登場人物
この記事の登場人物
  • 井元 龍太郎さん
    難病をきっかけに独自に編み出した、每日4時間だけ、好きなときに好きな場所で好きな人と好きなことを仕事にして、自分も周りも幸せになる「好き4」を伝える、イギリス(レスター)在住の海外フリーランス。
NEW POST