理系大学出身の杉本さんは、求職中に出会った「クラウドワークス」で人生が一変した。「クラウドワークス」とは、企業と個人がオンライン上で直接つながり、仕事を受発注できる日本最大級のクラウドソーシングサービスのこと。未経験でもフリーライターとして仕事にできたコツや、仕事とライフスタイルのバランスについても話を伺いました。今まさに就職活動中の学生さんや、転職を考えている人にもきっとヒントになるはず!

__現在のお仕事について教えてください
フリーライター歴は4年目になりました。医療・ビジネス・就活・VRなどの記事を執筆する傍ら、創薬ベンチャーの㈱RESVOの創業メンバーとして、広報・マーケティングの仕事という二足の草鞋で仕事をしています。

__フリーランスのライターになった経緯を教えてください
大学は物理学、大学院では医科学を専攻し、その後医薬品メーカーに就職しました。ですが、その会社のカラーが自分と合わず、体調を崩してしまい2年弱で退職することに。そんな求職中に出会ったのが「クラウドワークス」でした。もともと文章を書くのが特別好きなわけでもなかったし(レポートを書いたり、専門分野について調べものをするのは好きでしたが)、特にライターになりたいとも思っていませんでしたが、何かのきっかけになればと軽い気持ちで登録をしました。仕事を見ていくうちに、「医療関係の難しい事柄をわかりやすく伝えるようなことだったら、私にもできるかもしれない…」と、まさに消去法でたどり着いたのが、最初のステップとなる医療系ライターという仕事でした。

__杉本さんにとって「クラウドワークス」の魅力とは?
未経験からでも始められることと、社会とのつながりが得られることだと思います。求職中の私は「こんなはずじゃなかった…」と自分を責めてふさぎ込んでいたのですが、「クラウドワークス」で少しずつお仕事をいただくうちに「こんな私でも誰かの役に立てることがあるんだ」と自信を取り戻すことができました。お仕事をしていく中で、さまざまな企業や媒体の方との社会的なつながりが持てたことも自分の大きな財産になっています。人生をちょっと立ち止まって考えたいときに、まず1歩が手軽に踏み出せるのは本当に素晴らしいサービスだと思っています。

__フリーランスとして活動して得た気づきはありますか?
たくさんあります。良いところは会社員では味わえないような、幅広いジャンルの方たちとお付き合いができること。それでいて密な人間関係が求められるわけではないので、淡々と仕事を自分のペースで進められる点も気に入っています。大変なところは、誰も教えてくれないこと。上司も同僚もいませんから、アポの取り方もカメラの技術も営業もしたことがなかったので、最初は大変でしたね。でも、スキルがないからと諦めずに、ひとつずつ失敗をしながら覚えて経験にしていきました。

__今の仕事に対する満足度はどのくらいですか?
75%といったところでしょうか。理由としては、よくも悪くも自分次第なので、休みや仕事量を調整しないと、つい仕事を引き受けすぎてあとで苦しくなってしまうことがあるので…(笑)。そのあたりはまだまだ修行が必要ですね。

__自分は、フリーランスに向いていると思いますか?
フリーランスになって1年半が経った頃、まだ思うように仕事がもらえず、このままでいいのか迷っていた時期がありました。そんなときに「ストレングスファインダー」(米国ギャラップ社の開発したオンライン「才能診断」 ツール)を知って、自己分析して自分の強みを確認したんです。自分の資質や性質、特技を改めて分析してみた結果、私は「うん、間違ってなさそうだな」と思えました。そして、どうアプローチしたら今の悩みを改善できるかを考えて、2年目以降の活動に役立てていきました。

__まさに理論的なザ・理系タイプの発想ですね!
そうかもしれません(笑)。社会人になって好きだけでは仕事にならないこともわかってきたので、自分の特技や性質を生かして、なりたい自分に近づく方法を論理的に模索すると、頭で納得できるので、案外スッキリすると思いますよ。実は先日も4年目にして2度目の「ストレングスファインダー」を受けてみたのですが、以前と違う自分の強みや課題が出てきて、面白かったです。
最近は、日々新しい出会いやさまざまな刺激があり、とても前向きに仕事ができているので、これからも今関わって下さる方たちのお役に立てたらと思います。

__これから副業、独立を考えている方にメッセージをお願いします
働いてみて「何か違う」と違和感を感じたり、出産後に働き方を変えたかったり、仕事に対する悩みはさまざまだと思います。とはいえ、生活するためにお金は必要ですしね。そんなときに、「クラウドワークス」で新しい分野の足掛かりをつくってみるのも何かのきっかけになると思います。大事なのは、仕事のマッチングは縁やタイミングによることが大きいので、1回ダメだったからといってすぐに諦めたり落ち込んだりしないことではないでしょうか。最初は大変なことも多いかと思いますが、ぜひ自分を信じて挑戦し続けてみてください。

__告知があればどうぞ!
横浜にあるタネマキというコワーキングスペースの一角をお借りして、「ライターもくもく作業会@タネマキ(横浜)」というライター向けイベントを不定期開催しています。フリーランスライターをはじめ、文章に関する取り組みをしたい人たちが土曜の朝に集合してそれぞれ黙々と作業するイベントです。不思議なことに、「一人じゃない!」と思えると頑張れるんですよね(笑)。おかげ様で毎回さまざまな方に来ていただいており、交流も生まれています。情報はhttps://mokumoku-writer.peatix.com/にて更新しておりますので、もしよろしかったらフォローいただけると嬉しいです。

NEW POST