fashion_life01

民泊に代表される空間のシェアや、カーシェアに代表される移動手段のシェアが注目を集めていますが、忘れてはいけないのがモノのシェア。他のシェアエコサービスに比べてハードルも低く、私たちの生活に身近なモノがシェアできるので、初心者でも利用しやすいサービスといえるのではないでしょうか。
今回は、モノのシェアの中でも、もっとも盛り上がりを見せているファッション系シェアリングサービスにクローズアップ。その利用価値について考察してみます。

毎年トレンドが移り変わるファッションの世界。最先端を身に着ける必要はないとわかっていても、やっぱり流行は取り入れたい。でも、毎日、同じ洋服を着ていくわけにはいかないから、数着は用意しないと…。そんな調子でファッションアイテムの購入を続けていけば、当然、限りある自宅のクローゼットはすぐにいっぱいになってしまいます。
特に、衣替えをする6月になると、今さら着ることができない服が山ほどあることにあらためて気づくはず。きれいさっぱり断捨離したら、話題のファッション系シェアリングサービスにトライしてみましょう。

ファッション系シェアリングサービスの利点はあらためて言うまでもなく、最新のファッションアイテムを必要に応じて、リーズナブルに取り入れられること。自宅のクローゼットがいっぱいになることもありません。また、自分が身に着けるだけではなく、所有しているファッションアイテムを他の人とシェアすることで、ちょっとしたお小遣いを稼ぐことだってできます。

airCloset

airCloset

airCloset」は、月額6800円を払うだけで、スタイリストの選んだ洋服が自分の手元に届くというサービスです。サイズや好みを考慮した上で、トレンドや季節にあったファッションアイテムを、雑誌や広告の現場で活躍するプロフェッショナルが用意してくれるというものです。届いた洋服を返送しないと次の洋服がレンタルできないという仕組みになっているため、“着ない洋服をクローゼットに詰め込んでおく”という習慣がなくなります。
一回の利用で、3着届くので、自分が持っている洋服と組み合わせれば、かなりのバリエーションのスタイルを楽しむことができるようになります。利用回数や期間に制限がないので、毎週、オーダーを入れれば、本当に一か月間、毎日、違った洋服を身に着けて会社に出勤することが可能になります。しかも、専属のスタイリストがいるようなものですから、ファッションに関心の高い女性にとっては、間違いなく利用価値が高いサービスと言えます。

dressy

dressystyle02
結婚式の二次会やパーティーに必要なドレス。ありきたりのものは嫌だからと、こだわりのドレスを買ったものの、自宅で保管をするのに苦労をした経験はありませんか。ボリュームがあるものは、クローゼットを独占し、日常的に着る服を保管するスペースを奪ってしまいます。また、長期間の保管ともなれば時々クリーニングをしたり、メンテナンスも必要だけど、この費用もばかにならないし、手間もかかる。とはいえ、捨てるのにはあまりにも勿体ない。
そんなクローゼットに眠るドレスをシェアすることで、ちょっとしたお小遣いを稼ぐことができるのが、レンタルドレスショップ「dressy」が提供する「Sharing Dress」サービス。、レンタルされる度にレンタル金額の20%がポイントバックされる仕組みで、換金も可能なサービスです。

Laxus

Laxus

できればファッションと併せてコーディネートしたいバッグ。ところが高級なブランドバックを複数保有するというのは現実的な話ではありません。そんな時に活用したいのが「Laxus」のブランドバック月額レンタルし放題サービスです。毎月6800円(税別)を支払うだけで、ルイ・ヴィトン、エルメス、プラダといった高級ブランドバッグが無期限で借り放題。また、自宅に眠っているバックを「Laxus」に送って登録し、借り手がつけば、提供した人の収入になります。一回につき一点しか利用できないのですが、交換は無制限で可能なので、必要な時に必要なバックを手配するという感覚で利用できます。
心配なのは、実際に見ていないことで生じるミスマッチ。でも、「Laxus」にはコーディネート例があったり、あらゆる角度から撮影された商品画像が充実しているので、非常にイメージがしやすくなっています。高級バックはお手入れも大変ですから、交換し放題でメンテフリーというサービスは、女性にとってとてもありがたいサービスなのではないでしょうか。

以上、進化を続ける3つのファッション系シェアリングサービスをご紹介しました。衣替えの季節はもちろんのこと、変化に富んだファッションライフを楽しんでみてはいかがでしょう。

NEW POST