恋バナ。身近なことだけど、繊細で友だちに相談しづらい恋の悩みを抱えた経験、誰もが一度は患ったことがあるのではないでしょうか。タイムチケット認定アンバサダーの矢内さんがサイトで提供しているのは、そんな恋愛に悩める女性やカップルたちのための時間。

婚活に悩んでいた29歳の女性が相談を受け、1ヶ月で恋人ができ、その1ヶ月後に結婚に至ったというストーリーを持つ矢内さんのスキルに、プロとして恋愛相談を受ける極意についてお話を伺ってきました。

___ まずは簡単に自己紹介をお願いします。

ザックリ言うと、恋愛相談を生業としています。婚活や、好きな人へのアプローチに関する相談に乗ったりすることもあるのですが、今はパートナーシップをより豊かにするためにどんなことができるのかを悩みを抱えている人たちと一緒に考え、共にコミュニケーションを深めていくような講座を開いています。

___ どういうキッカケで、恋愛相談のお仕事を始められたのですか?

私自身が、妻と出会ってすごく変わった実体験がもとにあります。妻と出会うまでは、仕事ばかりに生き急いでいて、本当の幸せって何だろうということを考える暇もなく日々を過ごしていました。それに比べて、彼女はのんびりしていて、周りの雑音を気にすることなく、自分の思うがままに行動するエッセンシャル思考の持ち主でした。その頃、私はソーシャルメディアで多くの人から「いいね!」を押してもらうことや、一人でも多くの人と繋がることがステータスだと考えていました。他人にどう思われるかを意識しなくてもいいじゃんと気づかせてくれたのが妻でした。
その時、パートナーとの出会いが人生の変革であることを実感して、一方で、結婚や恋愛が上手くできなくて困っている人たちがたくさんいる現状を目の当たりにし、そういう人たちの助けになれればと思い恋愛相談業を始めました。

___ TimeTicketではどんなチケットを販売しているのですか?

2つ販売しています。最初に出しているものが、個人の婚活相談に乗るもので、もう一つがカップルの状態を診断して処方する「カップル診断」です。カップル診断では、お付き合いしている(あるいは結婚している)お二人が一緒に参加することがルールです。
申し込む側の方は女性であることが多いのですが、お相手を連れてくるというのが最初にして最大の難関だったりします。カップルの中にはラブラブな方もいらっしゃれば、離婚寸前の一発触発な方まで様々です。現在、14ヶ国で採用されている「PREPARE ENRICH」というカップルそれぞれに200問ほどの問いに答えていただき、傾向と対策をデータ化するプログラムを元に、お二人の対話をファシリテートするサービスを販売しています。
大事なことは相手の意見、感情、価値観をしっかり理解して受け止められているかどうか、もし受け止められていなかったら、それに気づかせてあげることが最初のゴールです。

___ 「脱・婚活の日々!スタート2ヶ月で結婚した29歳女性の考え方」。チケット名が秀悦ですよね。

元々のタイトルは「思考を整理して、あなただけの恋愛と幸せを見つけます」でした。私が提供しているサービスは思考整理がメインとなっていまして、とにかくお話を聞いて、その人が本当は何がしたいのかを悟ってもらえるように、コミュニケーションで導いています。こうした悩みを抱えているのは、婚活で苦労している20代後半から30代前半の女性であることが分かったので、よりターゲットを絞り、その方がタイトルを見た瞬間に共感してもらえるような工夫を施してみました。

___ 恋愛相談にはどんなものがあって、どんな風に進めていくのですか?

よく来る相談のトップ3が、「婚活をやっているけど上手くいかない」、「結婚を考えている相手がいるけど踏み込めない」、「カップル仲、夫婦仲が上手くいっていない」です。
どんな悩みを抱えていても、自分軸思考の上にパートナーシップ思考があるという話を毎回するようにしています。これはどういうことかというと、相手ありきで自分の行動を決めるのではなく、まず「自分がどうしたいのか」というのがあった上で、では現状はどうなのか、そしてどうしたいのか、実現するためにはどんな障害があるのか、ではそれを乗り越えるためにどういう展開ができるのかということを順番に尋ねていきます。
例えば、前に「私ばかりではなく彼にも料理をして欲しい」という女性から相談を受けたことがあります。最初は料理をしないことの不満を話していたのですが、「彼に料理をしてもらい、あなたはどうしたいんですか?」という質問をした時に、彼が料理をしないことよりも、自分がやりたい趣味ができる時間がないことが問題だということに気づくことができました。本当の問題に気付いたことで、やりたい趣味ができるようにするためにはどのように時間を使えばいいか?を考えることに繋がってきます。自分の理想がどこにあって、そこまでの道のりを具体的にしてあげることが、私のサービスです。

___ レビューをしてもらえる率が高いのと、一つ一つのクオリティがすごく高いですよね。TimeTicketでサービスを提供する上で、これだけはと決めていることはなにかありますか?

まず、ここは安心安全な場なので何でも打ち明けていいよという雰囲気づくりを心がけていまして、自分から過去の辛かったことなどオープンにするようにしています。その次に、その人が何をしたいのかという問題と徹底的に向き合うことですね。自分自身も様々な体験をしてきて、男女はこうあるべきのような既成概念もあるものなのですが、これを全て真っ白にして、その人の価値観を引き出してあげられるかを意識して接するようにしています。

___ 忘れられないTimeTicketでのエピソードを教えてください。

自分自身が恋バナが大好きなので、毎回いろんな方のお話を聞いていて興味深いのですが、その中でも特に印象に残っているのは、緊張していたからというのもあったのですが、一番最初にチケットを購入してくれた女性のお話です。その方には好きな人がいて、相手に思いを打ち明けられずに悩んでいました。相手の意向もあるので、片側からの話を聞いているだけでは、上手くいくかどうかは分かりません。彼女からの話を聞く上で、やれることはやったのか、どんなことを話して、相手からどんな反応があったのかを聞いていくうちに、あっという間に時間がきてしまいました。最終的に延長はしなかったものの、彼女からはもっと話したいという意思が伝わってきて、これまで趣味でやっていた恋愛相談が仕事になったという瞬間を感じることができました。結果どうなったかも後日、連絡をいただき、人の相談に乗ることで誰かの役に立てるということを実感した体験となりました。

___ 最後にこれからTimeTicketを始められるホストの方に向けてメッセージをください。

TimeTicketを始められる方の多くは、世の中のニーズに注目しがちだなと思います。ニーズに最適なスキルを提供することができれば、ある程度は売れると思うのですが、長い目で見ますと自分が好きなことでないと続かないと思っています。私の場合は「自分がわくわくできるかどうか」が先行していた先に、たまたまニーズがありました。悩みを抱えている人がチケットを購入し、相談に乗る際に、いかに前のめりに話ができるかどうかを大事にして欲しいです。

この記事の登場人物
  • 矢内 悠介さん
    超・愛妻家。神奈川県出身、32歳既婚。 タイムチケット認定アンバサダー / タイムチケットアワード2017表彰者。 14ヵ国で採用されている米No.1普及率の結婚前カップルカウンセリング「PREPARE ENRICH」ファシリテーター。
NEW POST