知識やスキル、経験など、みんなの得意を気軽に売り買いできるスキルのフリーマーケット「ココナラ」の美容部門で5年連続1位を獲得し、今年からプロ認定となった星野紗奈さん(たむきち)。フリーランスでヘアメイクの仕事をしながら出産を機に始めた「ココナラ」がきっかけで、現在は顔分析メイクサロンの会社「Wlig(ウリグ)」を設立(http://kaobunnseki.com/)。3歳の男の子のママでもある星野さんに、仕事と育児の両立や「ココナラ」の魅力をお聞きしました。

__ココナラで出品をはじめたきかっけを教えてください。

元はフリーランスのへメイクとして、結婚式や成人式などのセットサロンで働いていたのですが、「どれだけ短い時間でさばくか」といった仕事の仕方に違和感を覚えるようになってきて。「もっと一人一人親身になってメイクのアドバイスをしたい!」という思いから、独学で顔分析の勉強をし、趣味の延長として「ココナラ」で顔分析診断を出品したのがきっかけです。

__顔分析とはどういうことをするのでしょうか?

「ココナラ」は対面しないサービスなので、メールでアンケートフォームに悩みやなりたい顔についてご記入いただき、写真を送ってもらいます。それを踏まえて、私が「あなただけの顔分析メイクカルテ」を作成していきます(費用は10,000円~オプションでメイクパターン追加アフターサービスなどもあり)。お一人につき2~3時間かけて40ページ近くにわたりカルテを書かせていただいてくので、自分だけのパーソナルアドバイザーと考えていただけるとイメージしやすいかと思います。もちろん、使うコスメ例もお伝えしていきます。
顔分析とは簡単に言うと、大人顔と童顔顔の配置があるので、希望の顔の位置に近づけていく作業です。目の錯覚を利用したりして、まさに“3Dアート ”ですね。あとは、顔の筋肉が硬いとそこにコンプレックスがあったり、疲れている部分があったり、最近はお顔をパッと見ると分かるようになってきましたね。


顔写真に数値を書きこみながら、顔分析カルテを作成していきます(写真はイメージです)。たとえば、目の位置が下だと童顔で上だと大人っぽい、目間の距離が広いとおだやかで狭いと真面目、眉のカタチが下がるとおだやかで上がるとキツイ印象…と言うように。それをベースに、なりたい顔のつくり方をアドバイスしていきます。

__「ココナラ」をはじめて変わったことは?

「こんなに需要があるなんて!」というのが正直な感想です。まさか自分が起業するなんて思ってもみませんでしたし、皆さんすぐに顔分析の結果を踏まえたメイクをして写真を送ってくださったり「肌がきれいと褒められました!」などと言っていただくのが、とても励みになりますね。「ここが分かりにくいのか」と記入いただいたアンケートを見て日々発見の連続です。あとは、仕事をすることで“ママじゃない時間”ができたこと。誰かの役に立てていると思うとすごく嬉しい気持ちになります。

__どういった方が購入されていますか?

20~40代の女性と幅広い方が利用してくださっています。皆さん「変わりたい!」という強い想いでご購入いただくので、私も可能な範囲でお悩みをお聞きして全力でお答えしています。「仕事でデキル女風に見られたい」「フラれた元彼を見返したい」「とにかくモテたい!」「プロのスポーツ選手がメディア映えする顔になりたい」などお悩みはさまざまです。30歳前後の女性は人生の大きな転機だし、顔も変わる時期なんですよね。

__出品をする上で心掛けていることは?

対面してメイクの方法をお伝えするわけではないので、ポイントを端的にまとめること。また、自分で再現できないと意味がないので、HOW TOは分かりやすく、を心がけています。そうすると、いつも40ページくらいになってしまうんですけどね(笑)。

__どのくらい稼いでいますか?

今はまだ子どもが小さく、保育園も待機中なので、週に2~3人、平均すると月額10万円程度です。でも、ヘアメイク時代は子どもが熱を出したら仕事をキャンセルしないといけなかったり、周りに気を使いながら仕事をしていたので、今は自宅で育児の合間に働けるスタンスがとてもありがたいですね。

__今後挑戦してみたいことはありますか?

一人でできる人数に限界があるので、アドバイザー資格を取って同じ志をもった方を増やせたらいいなと思いますね。あとはもっと見せ方の工夫もしていきたいしスキルアップもしたいですね。私は元々「百貨店のコスメコーナーが怖い」と思うタイプだったので、メイクに興味はあるんだけど、カウンターに聞きに行くのは物怖じしてしまうという気持ちがよくわかります。

そんな人にこそ、顔分析のことを知ってもらって、“なりたい自分になるお手伝い”ができたら嬉しいですね。「可愛い」にはちゃんとした理由があるので、それをマスターすれば、誰でも自己演出でなりたい自分になれますよ。女性はマナーとしてメイクしなければいけない場面も多く、面倒に感じる事も正直私も多いのですが(笑)。

「せっかく女性に産まれたんだから、メイクで綺麗に見せることを楽しめた方がいい!」と思うんです。

__最後に、これから「ココナラ」で出品を始めてみようかなという人にアドバイスを!

私自身、最初はまったく自信はありませんでした。ただ、やりたいと思うことを大事にして発信し続けたら今につながりました。はじめから完璧じゃなくてもいいので、無理をせず今できることからトライしてみてください。
また、育児の合間に社会とつながれたり、誰かに褒められることがあると、生活にハリが出ます。子育て中のママさんにもぜひ「ココナラ」で得意なことを出品してみてほしいですね。

この記事の登場人物
NEW POST